出場チーム

学生チーム

NAFT

名古屋大学

今回のスペースバルーンコンテストではイリジウム衛星を利用した自作GPS発信機と上空の圧力や機体にかかる速度,加速度などを計測するロガー,上空の映像を撮影するためのGoProをスペースバルーンの機体に搭載します。これらを上空でも作動するように設計&製作&テスト中です。放球して、回収まで異常が起こさないことと、宮古島の上空、成層圏の絶景を撮影することが今回の目標です!自分たちの機体を成層圏まで飛ばすのが楽しみです!

TAMAGO is NOT GOHAN

沖縄工業高等専門学校

私達は沖縄高専の学生で結成したチーム「TAMAGO is NOT GOHAN」です。教授の紹介でこの宮古スペースバルーンコンテストを知り、調べるうちにとても興味が出てきてこの大会に参加することにしました。大変なこともたくさんあると思いますがチームワークで自分たちが考えたプロジェクトを成功させたいです。チーム全員がまだ17歳という若さと高専という特殊な環境を活かした奇抜な発想を武器に頑張っていきます。

WASAロケットプロジェクトロックーン班

早稲田大学

早稲田大学宇宙航空研究会WASA・ロケットプロジェクト・ロックーン班は、スペースバルーンからロケットを空中発射するロックーン方式で、学生の手でも少しでも簡単に安く、より宇宙に近づこうと研究開発をしています。今回のコンテストでスペースバルーンの知識を身に着け、将来ロケットを空中発射するための糸口を探したいと考えています。次へつながるマイルストーンとなるよう、しっかりデータを取り回収を目指します。

沖縄県立宮古工業高校自動車機械システム科

沖縄県立宮古工業高等学校

今回、地元宮古島の学生チームとして参加する宮古工業高校です。他のチームは全国でも知名度の高い学校ばかりですが、沖縄県の工業高等学校(地元)の意地を見せます!宮古工業高校のモットーの「予算が無い分、アイディアで勝負!」で面白い企画内容にしたいと思います。アイディア倒れにならないように、精いっぱい頑張ります。後輩や地域の皆様に、地元、宮古島の期待を宇宙まで背負って成功を目指します。応援よろしくお願います。

社会人チーム

しものせき宇宙プロジェクト

株式会社フジデンシ・ドットコム

宇宙に自分で挑戦できる時代が来るとは、夢にも思いませんでした。今回のコンテストに参加できてとても幸せです。ワクワク・ドキドキを多くの方々にお伝えできるように、チャレンジし続けていきたいと思います。

POLPO

社会人チーム

初めての挑戦になりますが、事故無く、満足のいく成果を上げられるようにチーム一丸となって頑張ります。

キタキュウマン・プロジェクト

ワークナイン株式会社

キタキュウマンは福岡県北九州市が誇るご当地ヒーローであり、北九州市の親善大使も務めています。
今回、キタキュウマン・アホロ計画のアホロ1号として宇宙風船を打ち上げます。(アホロ11号で月を目指します!) キタキュウマンは、北九州の子供たちの夢と共に、沖縄県宮古島から宇宙に旅立ちます!